アルクのTOEIC対策講座(スタンダードコース)

ここでは、語学教材の大手、アルクのTOEIC対策講座のうち、スタンダードコースを紹介します。

大きく分けて二つのアルクのTOEIC対策講座

アルクのTOEIC対策講座には全部で7つのコースがあるのですが、それらは大きく二つに分かれています。

アルクのTOEICテスト講座(スタンダードコース)

  • ビジネスで実際に使える英語に重点を置いたコース。

アルクのTOEICテスト講座(テクニックコース)

  • TOEICの専門家による解答テクニックが満載のコース。

どちらを選ぶか迷ってしまう方もいるかも知れませんが、ビジネスマンや、学生でも実践的な英語を身に付けたい人はスタンダードコースを選ぶと良いでしょう。

それとは逆に、受験や昇進などのため、とにかく点数を稼ぎたい人はテクニックコースを選ぶと良いと思います。

アルクのTOEICテスト講座(スタンダードコース)の種類

ここではスタンダードコースを紹介します。

スタンダードコースは、目標点数別に更に4つのコースに分かれています。

アルクのTOEICテスト講座(スタンダードコース)

TOEIC(R)テスト超入門キット
英語に苦手意識を持つ方にお勧めのコース。1日の学習時間を15分〜20分程度に設定しているので、忙しい方でも続けられる構成になっているのが特徴です。また、CDに日本語の解説も入っているので、通勤・通学時間でも手ぶらで学習できます。
TOEIC(R)テスト470点入門マラソン
社会人になってから英語は勉強していない…という方にお勧めのコースです。1日30分〜40分、週4日間でカリキュラムが組まれていますので、毎日学習しなくてもカリキュラムをこなせます。トータル620問のテストが含まれているので、実際の受験に役立つ力も身に付きます。
TOEIC(R)テスト650点突破マラソン
TOEICの点数が500点前後で伸び悩んでいる方にお勧めのコースです。500前後の人はスピードが足りない場合が多いということを考慮し、「英語英語の語順のまま理解」して、スピードアップを図るようなトレーニングが盛り込まれています。
TOEIC(R)テスト800点攻略プログラム
高得点者が点数を落とすのはリスニング問題の後半や、リーディングの長文問題です。このコースの前半3ヶ月は基礎力(語彙、英語を英語で考える力)を養い、後半2ヶ月は長文を素早く理解する力を身に付けます。
前の記事へ  次の記事へ

「TOEICのための学習教材」の記事一覧