テレビ番組でも紹介された「英脳プログラム」

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

英語特有の高周波音声に耳が慣れる

英語と日本語の周波数の違いはよく言われていることですが、この教材はその違いの克服に焦点を当てています。

日本語においては、100Hz〜1,500Hzという低い周波数帯域が用いられるのに対し、英語はなんと2,000Hz〜12,000Hzという高い周波数で話されているそうです。

日本人の苦手な、FやTHなどの発音は、風切り音のような高い周波数の音なので、低い周波数に慣れている日本人は聴き取ることが出来ないのです。

そこでこの英脳プログラムでは、「音の時間差攻撃」と呼ばれる手法を用いることにより、英語に対応した脳を作って行きます。

「音の時間差攻撃」とはどのようなものなのでしょうか? 詳しくは、下のバナーより、英脳プログラムの公式サイトで確認してみて下さい。

外国人恐怖症、英語恐怖症を克服

もう一つ、日本人の問題点として、外国人に慣れていないという問題があります。

最近でこそ少し増えましたが、日本にはそれほど多くの外国人が住んでおらず、普段の生活では滅多に話す機会など無いからです。

そのため、多くの日本人には、外国人に対する苦手意識があると思います。

しかし、それを克服しなければ、実際に英語が使えるようにはなりません。

英語を学ぶのは、英語を話す外国人とコミュニケーションをするためです。

独り言で英語を話せても意味が無いのです。

この英脳プログラムには、英脳潜在意識改革CDというものが付属しており、英脳暗示効果というものを使って、ほとんどの日本人が持っているコンプレックスを取り除いていきます。

これにより、英語に対する自信をもつことができるようになります。自信を持てれば、英語を使うことが楽しくなり、リラックスした状態で英会話を楽しんだりできるようになるのです。

もっと詳しく知りたい方は、下のバナーをクリックして下さい。

前の記事へ  次の記事へ

「お勧め英会話教材」の記事一覧