初めてのTOEICは400点

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

大学時代はスピード・ラーニング

日本の大学生のご多分に漏れず、私も大学ではあまり勉強をしませんでした。当時はもっぱらバンド活動に力を入れ、勉強は二の次でした。そんな私でしたが、何かのきっかけで英語に興味を持つようになりました。

今となってはどうして英語に興味を持ったのか思い出せないのですが…。私は、当時からよく新聞広告に載っていた「スピード・ラーニング」を始めました。何しろ聴き流すだけで良いと言うところが、ものぐさの私にはピッタリでした。

当時の学校教育は、今よりももっとリーディング中心の授業でしたし、受験勉強でももちろんリーディングの学習しかしていません。いわゆる「英会話」というのは学んだことがない訳です。英会話の教材を手にするのが初めての私に、スピード・ラーニングはとても良かったと思います。初めて英会話を学んでみようという人には、今でもお勧めしたいですね。

会社の新人研修で初めて受けたTOEIC

大学を卒業した後、私は某電機メーカーに就職しました。会社に入ると、もちろん新人研修というものがある訳ですが、その中に英語研修もありました。

「English day」と呼ばれるその日は、一日中日本語を話してはいけないんです。私の勤める会社には専属の英会話講師がいて、その講師による研修を受けた後、最後にTOEICを受けました。当然講師も一日中英語で話していますから、慣れない英語を聴くのに集中しなければならず、その日はみんなひどく疲れます。そんな日の最後のダメ押しがTOEICでした。

初めてのTOEICは400点

しばらくしてTOEICの結果が返ってきました。リスニング200点、リーディング200点、合計400点でした。覚えやすい点数だったというのもあり、今でもよく覚えています。TOEICがどんなものかも知らず、準備を全くしなければこんなものでしょうか。

当時の上司には「なかなか良かったよ」と言われ、喜んでいたのですが、TOEICの公式サイトにあるデータを見る限り、実は全然良くなかったんですね。IPテスト(企業や学校などで行うTOEIC)の平均点がだいたい450点程度ですし、職種別の平均点を見ても、私と同じ技術職は437点。ですから、今にして思えば私は平均以下でした。

そんな訳で、決して良いスタートとは言えなかった初めてのTOEIC。それでもその後少しずつ勉強をして、2回目は625点、3回目は925点、4回目で955点を取りました。ですからスタート地点は関係ありません。努力次第で英語力やTOEICの点数は上がると確信しています。

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

前の記事へ  次の記事へ

「管理人プロフィール」の記事一覧