第5文型 S+V+O+C 主語+動詞+目的語+補語

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

第5文型ではO=Cの関係が成り立つ

第5文型はS+V+O+C、つまり、主語+動詞+目的語+補語という形です。この文型で使われる動詞はあまり多くはありません。make、call、find、name、believe、think、leave、keep等です。

  • His smile made her happy.
    彼の笑顔は彼女を幸せにした。
  • I believe him innocent.
    私は彼が無実だと信じている。

第5文型ではO=Cの関係が成り立つ

第5文型では一般にO=Cの関係が成り立つことに注意して下さい。上記例文で言えば、her=happy(彼女=幸せ)ですし、him=innocent(彼=無実)の関係です。もっとも後者の例では彼が本当に無実かどうかは分かりませんが、とにかく話者は無実だと信じているのです。

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

前の記事へ  次の記事へ

「やさしい英文法」の記事一覧