スケジュールを立てる

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

いつ試験を受けるか

まずはいつ試験を受けるか決めましょう。TOEICの公式サイトで最寄りの試験会場の日程を確認し、受験の日付を決定しましょう。日付を決めないで、「勉強して、ある程度自信がついたら受けよう」というのは駄目です。試験の日をちゃんと決め、それに向かって頑張ることで、より早く英語力が向上します。決めたらすぐに受験を申し込んでしまいましょう。

普段から英語の勉強をしている人は特にいつ受けても構いませんが、初めて受ける人や、今まで学校や会社で受けるように言われて仕方なく(?)受けたことがあるだけの人(きちんと勉強してからTOEICを受けたことがない人)は、3ヶ月程度の学習期間を取った方が良いと思います。学習期間は3ヶ月から6ヶ月が適当です。

TOEICは大学受験等とは違い、合格・不合格がはっきりするものではありませんので、モチベーションを長く保つのは難しいのです。1年も先に試験を設定してしまうと「まだ1年もあるから明日やればいいや」という風になってしまい、意欲が沸きません。長くても6ヶ月にした方が良いでしょう。

教材を決める

試験日を設定して学習期間が決まったら、学習期間に応じて教材を選びます。もし以前やりかけの教材があったらそれを再度使っても構いません。以前使ったことにある教材の方がスムーズに定着することもあります。ただし、現在の自分のレベルよりも低いものは避けましょう。

学習期間が3ヶ月の場合、私のお薦めの教材の種類と分量は以下の通りです。

  • 文法問題集(TOEIC用) 1冊
  • リスニング・リーディングとも入っている市販のTOEIC問題集(CD付き) 1冊または2冊(使える時間に応じて)

主婦や学生の方など、ある程度時間がある方はTOEIC問題集を2冊こなすと良いと思います。私のようなサラリーマンの場合は2冊こなすのはきついかも知れません。1冊を完全にやり通すか、1冊は復習も含めてしっかりと、もう1冊は一通り流す感じでやると良いでしょう。

通信教育のTOEIC講座を受けている場合は、もちろんそれをやります。ただ、通信講座は半年分ぐらいの期間の物が多いと思いますので、自分の弱点を考えて、学習する範囲を決めましょう。

1週間の分量を決める

教材が揃ったら、ページ(章)の数を数え、一日あたりどの程度やればいいのか計算します。この際、無理な計画は立てないようにします。例えばサラリーマンやOLであれば、仲間とお酒を飲みに行ったりすることもあるでしょう。学生であればサークルや部活があるかも知れません。毎日出来ない場合もあると言うことを考えて、分量には余裕を持たせます。

1日の学習量は平日と休日で分けて考えた方が良いでしょう。普通の人であれば、平日は1時間程度でしょうか? 1時間で出来そうな問題集の分量を決め、それをノートに書きます。これは、「1日にこれだけやるぞ」と自分に誓う意味があります。休日はリスニングの学習を中心に、3〜4時間ぐらい頑張りましょう。リスニングは比較的早く時間が経つので、これくらいの時間やっても特に辛くはないでしょう。これも分量を決めてノートに書いておきます。

通勤・通学時間の有効活用がポイント!

普段会社や学校に電車やバスで通っている人は、平日の通勤・通学時間を復習の時間に充てます。実は、これが一番重要かも知れません。電車の中で何もしなければ退屈ですから、勉強するにはもってこいでしょう。電車やバスの中で鉛筆を持って勉強するのは難しいですから、前の日にやって間違えた問題を確認するのが良いと思います。また、問題集に出てきて分からなかった単語や熟語を単語カードや小さなノートに書いて見るようにします。

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

前の記事へ  次の記事へ

「TOEICの勉強法」の記事一覧