新TOEIC TEST 完全マスターシリーズ

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

ここでは、(株)メディアファイブの「新TOEIC TEST 完全マスター」を紹介します。

「新TOEIC TEST 完全マスター」には、目標とするTOEICの点数に応じて、460、600、730の3種類があります。どれも基本的な学習システムは同じです。

3種類の学習コンテンツ

「新TOEIC TEST 完全マスター」には、電子教科書、電子単語帳、電子問題集という3つの学習コンテンツが含まれており、これらのコンテンツを4つの学習モードで学習することが出来ます。

教科書は、「関係代名詞と関係副詞」「受動態と能動態」「不定詞」といった文法項目毎に分かれており、内容を理解したら穴埋め問題が出来ます。

単語帳には1500語前後の単語と、300語前後の熟語が収録されており(シリーズによって異なります)、単に閲覧するだけでなく、単語帳の中から出題して学習することが出来ます。

問題集にはTOEICのそれぞれのパートと同じ形式の問題が500問前後収録されています(シリーズによって異なります)。タイマー機能が付いているので、本番と同じような感覚で学習が出来ます。

4つの学習モード

「新TOEIC TEST 完全マスター」の大きな特徴は、学習モードが4つあることでしょう。「ナビゲーションモード」「トレーニングモード」「ゲームモード」「編集モード」から目的に応じて選択できます。各モード間のデータ互換性が高いので、モードを行き来しながら学習出来るのです。

通常の学習に使うナビゲーションモードでは、基本問題→弱点克服モード→最終チェックの流れで自動的に問題が出題されます。間違えた問題は、類問が自動的に出題され、弱点を克服するような仕組みになっています。また、基本の学習法も「試験シュミレーション型」と「ポイント攻略型」があり、好みの学習方法で学習出来ます。

トレーニングモードでは、教科書、単語帳、問題集を使って、自分の苦手な部分を重点的に学習できます。

学習がなかなか続かない人には、ゲームモードが最適です。ドクターが開発したロボットを「ロボリンピック」に出場させて、金メダルを狙うという設定です。ロボットはあなたのトレーニングの成績によって成長していきます。

編集モードでは教科書、単語帳、問題集を編集することが出来ます。画像や音声を含む問題を追加することが出来るのです。市販の問題集の内容を追加すれば更に学習の幅が広がります。

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

前の記事へ 

「PCでTOEIC対策!」の記事一覧