TOEIC初級者は精読

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

TOEICの点数が低い人ほど精読すべし

英文法の感覚を身につける上で一番大事なのが「精読」です。ここで言う精読とは、英語の文章を読んで完全に理解することを指します。ごまかしが効かないよう、全文を和訳します。もちろん最終的には、日本語に訳さないで英語のまま理解するのが目標ですが、その前段階として、文章を一文一文読み解き、訳していく学習は不可欠です。

私自身も学生時代に、当時の定番だった英文読解の問題集の問題を全部訳しました。最初は「こんなことをして意味があるのかな…読んで理解するだけで良いのでは?」と思ったのですが、全部やり終えた後、自分の英語能力が格段に上がっていることを実感しました。

読むだけでは、実際は完全に理解していないことも、何となく理解出来た気になってしまうものです。和訳を実際にノートに書けばごまかすことが出来ず、自分の理解していない部分に気付くことが出来ます。

TOEICで300点以下の人は、まだ英語の文法感覚が身に付いていないと言って良いでしょう。そう言う人は、よりじっくりと取り組むことが必要です。TOEICの問題集をやる時、正解がどれかということだけではなく、文章をきちんとノートに訳してみましょう。

逆説的ですが、感覚を身に付けるためには、感覚的に勉強していては駄目なんです。きっちり勉強していく中で、感覚が身に付いてきます。

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

次の記事へ

「TOEICリーディング攻略」の記事一覧