TOEIC上級者は多読

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

TOEICでより上を目指すには多読も必要

初級者には精読を勧めますが、上級者は多読をすることも必要です。TOEICの点数に直結する訳ではありませんが、確実に英語能力は向上しますから、適当なペーパーバック(日本で言うところの文庫本)の小説でも買ってきて読んでみましょう。

日本で売られている最近のペーパーバックには、読むために必要とされる英語能力がおおよそのTOEICの点数で書いてあるものもありますので、参考にすると良いでしょう。

初めてのペーパーバックは何を読むか

初めてペーパーバックを読むという人は、子供向けの本を読むと良いでしょう。子供向けというと、最近ではハリーポッターを思い浮かべるかも知れませんが、ハリーポッターは比較的難しいです。特に後半の巻は数百ページありますので、初めて読むと挫折する可能性が高いです。読むとしても第1巻または第2巻にすると良いでしょう。

ペーパーバックは和訳せずに読む

ペーパーバックを読む場合は、和訳をせずに読みます。頭の中で訳してもいけませんし、間違っても和訳をノートに書きながら読むなどと言うことはしない方が良いでしょう。時間が掛かって途中で挫折する可能性が高くなるだけです。

ペーパーバックを読むのは、英語感覚を体に染み込ませ、スピードを身につけるのを目的とします。従って、頭の中でも日本語に訳さず、とにかく英語を読んだまま理解するようにします。分からない単語が出てくるかも知れませんが、1つの文に2つ〜3つなら無視して読み進めます。ただし、単語は分かるが文の構造が理解出来なくて意味が分からない場合は、何回も英語のまま読み返して理解するようにします。こうすることで、英語の文法感覚が自然に体に染み込んでいきます。

薄い本なら出てきた単語を書き留めても良い

買い求めたペーパーバックが比較的薄く、それほど難しくない場合は、出てきた分からない単語を調べ、ノートに書き取っても良いでしょう。ペーパーバックにはマーカーをしておき、後で分かるようにしておきます。

ただし、これをやるのは分からない単語が比較的少ない時のみにします。厚い本や難しい本でこれをやると、あまりにも沢山の分からない単語が出てきて、結局は挫折することになります。英語学習では、難しいことを少しやって途中で挫折するよりも、易しいことを最後までやり遂げた方が効果的です。

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

前の記事へ  次の記事へ

「TOEICリーディング攻略」の記事一覧