学生時代の英語学習

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

小学生時代は英語の塾へ

私は小学校5年〜中学1年ぐらいまで、英語の塾に通っていました。アメリカ人を旦那さんにもつ近所のおばあちゃんがやっていた塾です。今の時代、塾というと「受験のための塾」というイメージがありますが、当時はまだ小学生や中学生が受験をすることが一般的ではなく、習字やそろばんのような、いわゆる習い事のようなイメージで通っていました。

小学生ですからアルファベットを習ったり、単語の書き取りをしたり、簡単な会話を習う程度です。それでもそのおかげで中学では問題なく英語の授業について行くことが出来ましたので、その当時塾に通ったのは良かったと今でも思います。

英語に興味が持てなかった高校時代

中学時代は比較的良かった英語ですが、高校に入ると英語はどちらかというと苦手科目になりました。多分今の時代もそうだと思いますが、高校英語というのは女性が得意なんです。先生の訳した訳をきちんとマメにノートに取り、覚えておくのが高校の英語では大事で、女性はみんなそういう勉強が得意ですよね。私はそのようにコツコツとやるのが得意ではありませんでした。

それに私は元々理系科目が得意で、物理や数学には興味がありましたが、高校の英語は退屈でした。当時は「何で英語なんて必要なんだろう?」って思っていたぐらいです。社会に出て働くようになれば英語の重要性は分かると思いますが、学生ではなかなかその重要性が分かりません。周りに外国人のいない日本で、英語の必要性を理解するのは、とても難しいことですよね。

受験生時代の英語の勉強

高校では進学希望でしたが、英語に限らず、当時はあまり勉強をしませんでしたので、現役での大学受験は全て落ちました(悲)。浪人して大学を目指すことにしたのですが、それまでまともに英語を勉強してこなかった私にとって、初めてきちんと勉強をし始めたのが、この浪人時代になるかと思います。

当時の英語の勉強で、本当に英語力向上に役立ったと思えるものは二つあります

  • 英文読解の参考書の精読
  • 英単語・英熟語の暗記

今の時代の受験生もこの二つだけやっていれば良いのではと思うほど、これらは役に立ったと思います。

英語の文法感覚を染み込ませる精読

英文読解の参考書の精読については他のページでも書いたのですが、とにかく参考書の例文を自力で和訳し、その後正解と比較して、どこを間違えたかを確認しました。ひたすらこれを繰り返すのです。

この学習では、例文を自力で和訳しますが、頭の中で和訳するだけでなく、きちんとノートに書くことが大事です。ノートに書けばごまかしが効きませんから、訳せていないのに訳せた気になるのを防ぐことが出来ます。また、これをきちんと行うことにより、英文の文法感覚、どこで英文が切れるか(that節など)という感覚を掴むことが出来ます。

大学受験の英語はボキャブラリで差が付く

英単語・英熟語の暗記は、当時仲間内で流行っていた、語呂合わせで覚える本を使いました。特に英熟語の暗記が役に立ちました。単語と違ってかなり苦しい語呂合わせが多かったのですが、ある程度まとまった数の英熟語を覚えたことは英語の偏差値向上にとても役立ちました。今の時代の受験生でも、英語で伸び悩んでいる人には英熟語を覚えることをお勧めします。

大学受験ともなると、みんな基本的な英文法というのは理解している訳です。ということは、出題者から見て、どうやって沢山の受験生の中で差を付けていくかと考えた時、ボキャブラリになります。英語のNative speakerでない日本人にとって、一番差が付きやすいのがボキャブラリという訳です。

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

前の記事へ  次の記事へ

「管理人プロフィール」の記事一覧