英語至上主義?

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

英語至上主義は善か、悪か?

最近、楽天が英語を社内公用語にしたことが話題になりました。楽天は国内のネット通販で圧倒的な地位を築いたので、更に売り上げを拡大するには海外に進出していかなければならない。海外に進出するには社員の英語力がなければままならない。そういうことでしょう。

楽天の英語社内公用語化の是非はともかく、最近はこのような動きが加速しているようです。このような、「英語至上主義」とも言えるような風潮に反発を覚える人もいることでしょう。

確かに現代社会において英語の重要性は増しています。しかし、日本人の誰もが英語を出来なければならないというものでもないと思います。最終的には、必要な人が出来れば良いのですから。普通に日本で暮らしていて、仕事で外国人と全く関わらない人には、英語は必要ないでしょう。

英語至上主義の功罪

とは言え、世界はますますグローバル化しています。日本はもともと輸出産業で発展して来た国ですが、英語の苦手な日本人でも世界を相手にここまでやってこられたのは、ひとえに日本製品の優秀さゆえでしょう。

しかし、ここ何年かは韓国や台湾を初めとする諸外国に追い上げられて来ています。以前のように、日本製品と他の国の製品の差がなくなって来ているのです。

そうなってくると、今度は製品の優劣以外、例えば交渉力やプレゼン力が、製品の売れる売れないに関わってくる場合があると思いまし、実際にそうなって来ています。

日本人はもともと表現するのが下手な人種。それに加え、英語で劣っていては、外国に勝つことが出来ません。

「英語至上主義」は行き過ぎかも知れませんが、若い人には、是非英語を頑張って欲しいですね。その努力がこれからの日本を支えると思います。

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

前の記事へ  次の記事へ

「TOEICについて」の記事一覧