TOEIC IPとは?

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

TOEIC IPは、企業や学校などで行われるTOEIC

TOEIC IP は、TOEIC Institutional Program の略で、企業や学校などで行われるTOEICを指します。

一般の人は参加出来ず、その企業の社員や、その学校の学生のみが受験出来る、いわば非公式のTOEICテストです。

これに対して、TOEIC 公開テストは、TOEICのオフィシャルのテストです。申し込みして受験料を払えば、だれでも受験出来ます。

TOEIC IP も、試験内容自体は公開テストとまったく一緒です。

だた、TOEIC IP では、オフィシャルの点数の証明書(Certificate)がもらえません。TOEIC IP では、過去に公開テストで使われた問題が出題されるのと、企業や学校などが独自に行うため、試験の公平性を保つのが難しいためです。

TOEIC IPでは、Certificateはもらえませんが、問題は公開テストと全く同じであるため、TOEIC IP での点数は、公開テストの点数となんら変わらず、同じように英語力を判定出来ます。

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

前の記事へ  次の記事へ

「TOEICについて」の記事一覧