TOEICのレベルについて

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

TOEICにおける5段階のレベル

ここでは、「TOEIC Test」の5段階のレベルについて説明します。

TOEICのスコアと英語力にも書きましたが、TOEIC Testでは、スコアを5つのレベルに分類し、それぞれのレベルがどの程度のコミュニケーション能力かという情報を提供しています。

TOEICのオフィシャルサイトにある、財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会作成の資料「PROFICIENCY SCALE」によると、以下のような評価になっています。

A(860点〜)Non-Nativeとして十分なコミュニケーション能力を備えている。
B(730〜860点)どんな状況でも適切なコミュニケーションをできる素地を備えている。
C(470〜730点)日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる。
D(220〜470点)通常会話で最低限のコミュニケーションが出来る。
E(〜220点)コミュニケーションができるまでに至っていない。

では、それぞれのレベルの人がどの程度の英語力なのでしょうか。Eは明らかですから、Dから上を見ていきましょう。

TOEICのレベルD

特に学校以外では英会話の勉強を今までしたことがなく、高校または大学(英文科以外)を卒業したレベルでTOEICを受けると、大半の人はTOEICのレベルDに入ることでしょう。

ただ、一口にTOEICのレベルDと言っても、220点から470点の幅がありますから、上の方と下の方ではかなりの差があります。

400点以上であれば、Part1の写真描写問題と、Part2の応答問題はある程度聴き取れていると思いますし、逆に300点以下の人は、これらの問題でかろうじていくつか聴き取れる問題があるというレベルでしょう。

TOEICのレベルC

レベルCを取るのは、ある程度英会話を勉強している人です。大学の英文科を卒業した人や、英会話スクールにある程度通った人。また、英会話の通信講座などを受けて、独学である程度勉強した人がこのレベルになると思います。また、英語圏の駐在員でも、赴任当初はこれくらいのレベルの人が多いと思います。

TOEICのレベルB

レベルBは英会話にかなり本気で取り組んだ人のレベルです。日頃から英会話に関心を持ち、ある程度日常的に英会話に接する人がこのレベルに到達出来ます。また、日本人の英語圏の駐在員はこのレベルが多いと思います。

TOEICのレベルA

このレベルになると、ある程度の期間に渡って英語圏にいたことのある人が多いでしょう。まだリスニングやスピーキングに若干の弱点はあるのもの、それほど難しくない会話なら問題なくこなせるレベルです。また、e-mailでのやり取りであれば全く問題なく出来ると思います。

ここでもやはり、一口にレベルAと言っても、860点と満点では実力にかなりの差があります。

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

前の記事へ  次の記事へ

「TOEICについて」の記事一覧