イギリスの食事

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

悪名高いイギリス料理?

日本人には悪名高いイギリスの料理ですが、実際はどうなのでしょうか? 私個人の意見としては、「ちゃんとした店で食べればOK」という感想を持ちました。例えばイギリスにはパブが沢山あり、ランチを出すところも多いです。パブのランチは値段も安く、味もなかなかです。

イギリスで外食する際に比較的ハズレが少ないのが、イタリア料理と中華料理、それにインド料理です。これらのレストランはたいてい現地の料理人が料理していますから、全般的に美味しいです。特にロンドンにはインド人が多く住んでいるので、インド料理のレストランは沢山あります。お勧めです。

悲惨なのは遊園地のような観光施設にあるカフェテリア。外に出られないので仕方なくそこで食べますが、それはそれは悲惨…。とりあえず空腹を満たせれば良しとしましょう。

恐怖のBaked Beans

Baked Beansは、その名前に反して通常は煮込まれた豆料理です。デザートではないにも関わらず、甘く煮込まれていて、イギリスに住む日本人のほとんどに嫌われています(…と私は思う)。イギリスではよく食べられており、特にKids Meal(日本で言うところのお子様ランチ)には、よく付け合わせで付いてきます。たいていはフライドポテトの横にあるか、ポテトの上から掛けられていて、日本人はBaked Beansの掛かっているところをよけて食べます(笑)。

Love or hate? Marmite(マーマイト)

マーマイトは日本ではほとんど知られていない食べ物です。瓶に入って黒くドロドロとして粘る食べ物で、一見パンに塗るチョコレートのように見えますが、実はビールの製造過程で出来た酵母を主原料として作られた食べ物です。バターやマーガリン、クリームチーズなどと共にパンに塗って食べますが、マーマイトは強い発酵臭がするため、イギリス人の間でも好き嫌いが分かれる食べ物です。たいていの日本人には全く不評です。

クリームチーズと一緒にパンに塗って食べると美味しいと教わり実践したところ、慣れるのにある程度時間が掛かりましたが、食べられるようになりました。慣れて来るとなかなか美味しいです。イギリスのホテルでは、朝食の時、トーストの近くに置かれていたりしますから、イギリスに旅行した際はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ちなみに日本でも輸入食材店で売られています。

金曜日はFish and Chips(フィッシュ&チップス)

イギリスでは、多くの家庭がどういう訳か金曜日にFish and Chipsを食べるようです。Fishはタラやカレイに衣を付けて揚げたもの。Chipsは日本で言うところのフライドポテト。Chipsは「切れ端」を意味するchipという単語から来ています。確かにジャガイモをの切れ端を揚げていますよね。

イギリスではテイクアウトのことをTake awayと言いますが、イギリスではお父さんが金曜日の会社帰りにFish and ChipsをTake awayして帰り、家で家族一緒に食べるらしいです。ちなみにイギリス人は普通、Fish and Chipsにビネガー(イギリスでは黒酢が一般的)を掛けて食べます。FishだけでなくChipsにも。ポテトは当然シナシナになります。これも日本人がなかなか馴染めない味です。

インド料理や中華料理もTake away

日本ではちょっと考えられませんが、イギリスには、インド料理や中華料理をTake away出来るお店が沢山あります。Take away専門の店も多いです。電話して配達してもらうことも出来ますし、電話で注文だけして自分で取りに行くことも出来ます。

WebでできるTOEIC対策 【5日間500円トライアル】

前の記事へ  次の記事へ

「管理人の英国生活体験記」の記事一覧